アイディア満載!ユニークで素敵なウェルカムボードの作り方

img-article-1

人生の中で貴重な一日となる結婚式の披露宴。
主役となる新郎新婦の二人を、ゲストの皆さんが見守り、笑顔で祝福してくれます。
そこに集まった皆さんの笑顔を、さらに破顔一笑、「ウフフフ」「アハハハ」と爆笑させることができたら、きっと結婚の幸福感とはひと味違った快感がこみ上げると思いませんか?
ここでは、思わず笑えるユニークな結婚式の演出についてご紹介しましょう。

・披露宴には笑いがいっぱい!
 ・笑いが溢れるハッピー演出
 ・落語に登場する「結婚式の笑い」
 ・笑える?あの人の結婚式失敗談
・唸る!笑える!ユニークウェルカムボード
 ・笑えるボード・ナイスアイディア編
 ・笑えるボード・概念変える編
 ・笑えるボード・パロディ編
・あなたもユニークなウェルカムボードはいかが?
 ・趣味や特技を似顔絵に盛り込もう!
 ・ウェルカムボードはプロ似顔絵師におまかせ!
・まとめ

・披露宴には笑いがいっぱい!

img-article-1

結婚式を始めとする冠婚葬祭の席では、厳粛な空気が会場を包む中、ふと何かをきっかけに予期せぬタイミングで笑いが起こるということが、かつてはよくありました。それだけ昔のセレモニーには独特の緊張感があったのです。
もちろん最近の結婚式にも緊張感はありますが、以前より全体の雰囲気がオープンになった分、起こる笑いもハッピーさを増したようです。

・笑いが溢れるハッピー演出

最近は新郎新婦がブライダルプランナーさんと相談して、いかに楽しい披露宴を作ろうかと知恵を絞る傾向があるようで、従来には無い斬新な面白演出が次々に登場しています。

例えば、ゲストが屋外で一斉に風船を空に放つ「バルーンリリース」が発展した「ドロップ&フライ」。
ガーデンプールにゲストがおもり付き風船を落として沈め、おもりを縛った紙のリボンが水に溶けると、風船がプールの中から空に飛んでゆくという、ビジュアルの美しさが見所のプログラムです。プールのあるゲストハウスならばぜひやってみたいですね。

海外のSNSで流行しているのが「マネキンチャレンジ」。
新郎新婦とゲストが、動画を撮影するカメラの前で、マネキンのようにまったく動かない状態で居続けるというゲームです。動画を見返して、「動いてるじゃん!」とか「顔が笑ってない?」などと指摘しあいながら、いっぱい笑えそうです。

また、新婦がゲストへ後ろ向きに花束を投げる「ブーケトス」は今や定番ですが、最近ではこの派生で、昔から伝わる「餅撒き」の行事をする披露宴もあるのだとか。
新築祝いで行う地域は今もありますが、幸せを分ける意味ではどちらも一緒、ということのようです。確かに「餅撒き」って「ブーケトス」と同じ盛り上がり方をしますね。

・落語に登場する「結婚式の笑い」

新しい演出の披露宴が浸透する以前、結婚式で笑うシーンと言えば、余興かスピーチぐらいでした。
しかもゲストが覚えたての歌を歌ったり、踊りを踊ったりする持ち芸の発表会のような内容でしたから、めちゃくちゃ盛り上がるような時間ではありませんでした。

落語の方には、そんな結婚式の余興を題材にした『高砂や』という演目があります。
婚礼で仲人を務めることになった男が、お祝いとして「高砂や、この浦舟に帆を上げて…」という定番の謡曲を披露することになり、ご隠居に相談しに来たものの、何度練習してもうまくいかず、結局「後はご親族がやってくれるから…」と途中までしか覚えないまま婚礼本番。ところが親族が誰も助けてくれず、オロオロしてしまうというストーリーです。

主人公の男としては笑うどころではないのですが、コミカルな失敗が次々に繰り返され、客席はずっと笑いっぱなしという爆笑の一編です。
同様に、婚礼の余興の失敗がテーマの『松竹梅』や、スピーチをギャグにした『結婚式風景』、長屋の輿入れを扱った『たらちね』など、結婚式がテーマの落語はいろいろあります。
参考にネットで探して聞いてみるのもいいかもしれません。

・笑える?あの人の結婚式失敗談

落語家さんと言えば、『笑点』でおなじみ林家木久扇師匠の結婚式にまつわる失敗談は、ちょっと笑えるレベルを通り越していたかもしれません。

若手落語家として大忙しだった頃の木久扇師匠(当時は木久蔵)は、副業のアルバイトで結婚式の司会を数多くこなしていました。
1967年、最愛の女性と結婚式を挙げる当日、師匠はなんと他の結婚式場でうっかり司会のスケジュールを入れてしまい、こともあろうに自分の式を途中で抜け出して(新郎の席には仲間の落語家を代わりに座らせて)、司会をしに出かけてしまったのだそうです。

新婦となる奥さんやご親族はさぞ驚いたことでしょうね。

ただ幸いだったのは、奥さんが寄席経営者の妹さんで、演芸の世界に理解がある方だったことでした。
結婚生活50年を越えてもなお、夫婦仲睦まじく幸せにお過ごしの木久扇師匠です。

・唸る!笑える!ユニークウェルカムボード

img-article-1

さて、最近は披露宴の演出だけに限らず、結婚式場の至る所にユーモアを仕込んであるのが楽しいですね。
ウェルカムスペースでゲストを待つウェルカムドールの可愛らしさは見ただけで笑顔になりますし、工夫したプチギフトには思わず「へぇー」と感心させられます。
とりわけゲストの目に付くのが、ウェルカムボード。
凝り性の人はとことん凝りたくなるようで、ネット上にも「何これ、どこかの企業のポスター?」と思えるようなウェルカムボードの画像をいっぱい見かけます。

・笑えるボード・ナイスアイディア編

ではここで、ネットで見かけたユーモアセンスいっぱいの笑えるウェルカムボードの数々をご紹介します。
本物の画像が使えるといいのですけど、諸般の事情で文字だけのご紹介でごめんなさい。絵柄はご想像くださいね。
まずは「ナイスアイディア」部門。

★サッカーファンのツーショット
サッカー日本代表のユニフォームを着て肩を組む新郎新婦と、「絶対に譲れない結婚がここにはある」のキャッチコピー。サッカーが大好きな雰囲気がダイレクトに伝わってきます。
コスプレ写真のウェルカムボードはたまにありますが、徹底的に完成度を高めた仕上がりにすることで、時にオマージュの域を超えることもあります。

img-article-1

★ゲスト全員が描かれた超大作集合イラスト
特大のA0サイズのボードに、可愛く描かれたゲストの似顔絵がギッシリ。新郎か新婦のどちらかが描かれたのでしょうか。絵本の『ウォーリーをさがせ』みたいで、その場に立ち止まって一生懸命探してしまいますね。

★手形
普通にボードに顔を出すのではなく、ひとひねりしたアイディアです。中には手の型取りをして記念碑風の仕上がりにしたものまで。

★家紋+英字
紺色の背景に家紋と白ヌキの英字メッセージ。シンプルですがなかなかおしゃれです。

・笑えるボード・新機軸編

次に、今までのウェルカムボードの概念を完全に超越した「新機軸」部門。 ★等身大パネル
おそらく前撮りした時のであろう、婚礼衣装の新郎新婦の等身大パネル。ウェルカムボードでこれをやろうと思いつくとはすごい!
同じパネルでも、観光地などによくある「顔ハメ」にしているカップルもいました。これは絶対記念写真を撮っちゃいますね。

★食べ物の素材
クッキー、パン、チョコレートなどで作ったウェルカムボード。文字は当然クリームをチューブで絞って書きます。中には、何種類ものパスタを組み合わせて「Welcome」の文字にしているものまで。きっと料理が得意な新郎新婦なのでしょうね。ずっと置いておくわけにはいかないでしょうけど、終わったら食べるんでしょうか。

★レゴブロック
ドット絵のような仕上がりがキレイ。キャラクターからメッセージまですべてレゴ製(英字の筆記体のものもありました)で、手間がかかったろうなーとビックリさせられます。見ているだけで童心に帰れそうですね。

★ビーズ刺繍
ビーズを丁寧に縫い付けてメッセージの文字にする、手間のかかった作品。完成したビジュアルが乳白色一色なのが、同じ手間でも原色のレゴと違う所。これぞ一生の記念品の趣き。

img-article-1

・笑えるボード・パロディ編

面白ウェルカムボードで最もアイディアを出しやすいのが、映画のポスターや、ドラマ・マンガのワンシーンのパロディです。この項は具体的タイトルを挙げずにおきます。

男女の恋愛がテーマの洋画などは、そのまま真似てもおしゃれに仕上がるので人気がありますが、それ以外のキャラクターだけお借りした映画の場合ですと、結婚のコンセプトと離れてしまい、ややスベった空気が出てしまいます。

同様に、あまりアイディア先行で作ったパロディも、スベった感が漂いがち。
「新郎新婦が共通で大好きな映画」などのように、何かしら二人につながりがあるアイディアの方が効果的かもしれません。

・あなたもユニークなウェルカムボードはいかが?

img-article-1

この似顔絵師にウェルカムボードを依頼する
せっかく面白ウェルカムボードを作ろうと、頑張ってコスプレやメイクをして撮影に臨んでも、写真の出来を見た瞬間に「ヤバい、スベりそう…」と青ざめてしまう、そんなことはよくあります。
そういう時は、必ずしも実写コスプレでなく、専門の似顔絵師さんに「このモデルにコスプレをさせてください」と発注した方が、納得の行く仕上がりになるものです。
似顔絵通販会社「似顔絵グラフィックス」のサイトはこちら

・趣味や特技を似顔絵に盛り込もう!

似顔絵通販会社にウェルカムボード用の似顔絵を注文をする際は、新郎と新婦の資料写真を送付するのと同時に、「こういった感じの絵にしてほしい」とご要望をお伝えしていただきます。
例えば、新郎が「マンガ風のマッチョ体型にしてほしい」とご注文される場合、ご自身の顔写真に加えて、サンプルになるマンガのマッチョ画像をお送りいただければOK。
他にも、「二人は寄席好きで、いつも寄席デートをしていたほど」というカップルが、そのエピソードを発注時に伝えますと、「寄席の高座で夫婦漫才をする新郎新婦」の似顔絵が完成するわけです。
どうです?注文してみたくなりませんか?

・ウェルカムボードはプロ似顔絵師におまかせ!

プロの似顔絵師さんにご注文いただく場合は、顔の特徴や服装のカラー傾向など、細かいご要望を出していただいても大丈夫。
「お酒が好きなのでグラスを持たせて」とか、「音楽が好きなので音符をたくさん散りばめて」など、多種多様なご要望にお応えします。
参考となる資料写真さえあれば、まとめてきっちり仕上げます。
きっとあなたの想像通りの、素敵な似顔絵がお手元に届くはずですよ。

まとめ

いかがですか?これから式を挙げる皆さん、ハートフルなウェルカムボードも素敵ですが、楽しい結婚式を演出するためにも、ユーモア味のあるウェルカムボードを用意してゲストをお迎えするのもオススメですよ! 似顔絵通販の似顔絵グラフィックスでは、二人の一生の思い出を演出するために、人気似顔絵師が心を込めて楽しいウェルカムボードを製作します。

格安価格で、しかもご注文から最短3日で作品をお届けしますから、時間が無い時には超便利です!

細部までこだわった似顔絵ウェルカムボード

似顔絵グラフィックスの似顔絵ウェルカムボード

結婚式会場で、ゲストをお迎えするウェルカムボード。
あなたのことをよく知っているゲストだからこそ、「似てる!」と評判に。
結婚式が終わっても、家に飾ればいつでもあの時の気持ちが蘇ります。

詳細はこちら